妊活しませんか?

夫婦で不妊を理解し、乗り越えよう

茶髪女性のイラスト

不妊治療をしていると、精神的に辛くなってくる時期があります。不妊治療は先の見えない治療です。赤ちゃんを授かるタイミング、また授かるかどうかという根本的なことさえ、誰にも分からないのです。医療費はどんどんと嵩んでいきますし、歳もとっていきます。特に不妊治療中の女性は、そんな状況にイライラが募ったり、また悲しくて涙が止まらなくなったりするでしょう。焦る気持ちがさらに不妊を誘発するような気がして、悪循環からなかなか抜け出せなくなります。
そんなときは夫の出番です。もがき苦しむ妻を助けてあげてください。大切なのは夫婦で話し合い、不妊について理解することです。夫婦で不妊治療に温度差があると、不満を感じやすくなります。現在の気持ち、子供を授かることへの期待や不安、男性としてのプレッシャー、女性としてのプレッシャー、また不妊治療の負担など、感じていることをとことん話合うようにしてください。途中意見が食い違ったとしても、お互いの気持ちにじっくり耳を傾けましょう。最終的に同じ方向を向いていれば大丈夫です。愛する人とのあいだに子供を持ちたいという思いは当然のことです。ですから、不妊治療はどちらか片方の問題ではなく、二人で理解しあい乗り越えることに意義があるのではないでしょうか。

イチオシ

不妊は男性にも原因がある

不妊になってしまう時は女性の子宮機能の低下などが主な原因と言われていますが、実は男性にも原因がある可能性もあります。そのため不妊になってしまった時は、女性だけではなく男性もしっかり考えていく必要があります。妊娠する時は、男性の精子が膣内で射精されて卵子の元に向かって受精するという形になります。しかし精巣に問題が生じてしまうと精子の濃度が低くなって質が落ちてしまいます。そのため女性の子宮機能が正常であって…

ショートの女性のイラスト

Copyright © 2016 不妊治療は夫婦でコミュニケーションをとり信頼関係を築くことが大事 All Rights Reserved.